読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音ゲーマーによるよい子のためのcoj

ヘタクソなりに考えて環境に勝ってみたいQⅢのブログ

トリロスの強さとその対策

どうも7minoriです

 

思いのほか早く時間が取れました、さっそく記事を書いていこうと思います

 

 

最近増えてきた(体感)トリロスデッキ、まずはこのデッキの何が強いのか、またそれに対しての対策について解説していきます。前にも書いたかもしれませんが

 

トリロスのここが強いよ3ポイント

 

Ⅰ.序盤から飛んでくる焼き、及び焼きの多様性

Ⅱ.トリガーを割り、相手の戦力を割きつつ自分も動く

Ⅲ.火炎将軍スルト

 

まずはから。

 

トリロスはリリムに始まり、メリィラミエルなどの序盤から活躍できるユニットの種類が豊富です

これの何が問題かというと、盾や加護デッキでもない限り、対策のできていない序盤からスターターユニットが焼かれてしまうことです

さて、これに対しての対策ですが、ただトリガーを刺すだけでは不十分です

その理由は、後攻初ターンから動くスルトとアサルトフレイルがいるからというのが一つ。トリロスに先攻を取られていれば、ほぼ二手目以降でないとトリロスと断定することが難しいということの合計二つの点からです

トリロスとわかっていれば、トリガーを刺すなどの簡単な対策が有効であると考えるのは普通です。ですが、向こうも学習しないわけではありません。トリガーを刺されたとしても、スルトとアサルトフレイルで何とかされてしまうのです。

かといってトリガーを刺さなければいくらBPが高かろうと、いくら横に広げようと、メリィやラミエルで焼き殺されてしまいます

ではこれに対して、どう対策すべきか。

 

 

加護

これもやり方によっては不安が残ります。先手でニケを置くなら、トリガーを刺さなくてはラミエルで焼かれてしまいます

で、あるならば先手初手軽減グレイスウルフィン。これはとても堅いですね。

しかし、後攻ならいざ知らず、先攻初手でこの手はどうなのでしょう。相手がわからないままわざわざ軽減してユニットを出すのは、得策ではないかと思います

 

後攻であれば、グレイスウルフィンを置くのはよいかと思います

しかし、エンジェルビルダーほどの安定感は無く、スルトとの殴り合いで負けてしまう点には注意が必要です。後攻ならば手札を生かして軽減エンジェルビルダーを出すことが最善でしょう

 

 

秩序の盾

これが最適解と思われます

初手ドリアード、初手軽減ミューズ、初手イージスなどがおすすめです

緑ユニットを出した後の神の杯という組み合わせもあるのですが、この場合、まだ相手のデッキが確定していないまま神の杯を使うことになるので、あまりおすすめはできません

 

後攻であれば、迷うことなくミューズがおすすめです

しかし、そのままでは(またもや)スルトにBP負けしてしまうので、パンプを構えるか緑ユニットを並べましょう

パンプは割られること前提で二枚以上張る必要がありますが…

 

何が言いたいのかというと、トリガーを刺すだけでは十分なトリロス対策には成り得ないので、複数の対策もしくは根本的な対策が必要だということです

 

 

では次にについて

 

一昔前の(詳しく言うとアサルトフレイルが無かった)時代は、トリロスはトリガーを多く刺されるとほぼその実力を発揮できなくなるのが弱みでした

トリロスデッキにももちろんCPは存在し、それは無限ではないのです

つまり、1ターンの間に「焼く」ことと「トリガーを割る」ことを同時に行うのが難しかったんです

しかし現在では、アサルトフレイルやスルトの登場によりそれを両立できるようになりました

昔はそれがまったくできなかったとは言いませんが、それがやりやすくなったのは確かです

 

さて、そうして弱点が一つなくなったトリロスに対し、どう対策するのか?

これについては軽減要因をトリガーに刺す、トリガーを多くさす、アサルトフレイルを食らっても耐えられる盤面を作っておく以外の対処法はほぼ存在しないと思います

しかし軽減要因でも、割られて困らないということはありません。手札の数は減っているし、コストも軽減されません

これを行うにあたって、手札を多めに持っておく、軽減要因を刺すのも計画的に、ということを心掛けておく必要があります

 

最後にについて

 

説明いる?

と言いたいところですが、一応説明しましょう

巨人の数×1000バーンというトリガーに左右されない焼きを持ちながら、CIPでトリガーをランダムで1枚割る、それに加えて消滅耐性持ち

人身御供で除去されず、優秀なアリアンメタであり、ベルゼだけでは除去されず、フィジカルが弱いデッキでは打ち倒すこともできない、活躍の場がトリロスに限られるわけがないそのスペックは暴力の一言です

ポッと出の彼女ですが、間違いなくトリロスデッキ最強の一角です。アサルトフレイルとの相性もいいし。もう本当大好きだ愛してる

 

彼女への対策ですが、単純に焼き殺すのが一番有効であり簡単でしょう

まあそんな都合のいい焼きはフェザードールとかウリエルとかバアルとかシヴァOCくらいしかありませんが。へへん。←?

また、行動権を消費し呪縛を付けるというのも有効です。トリロスは盤面で盤面を何とかするデッキですので、走り終わっているリリムやメリィなども呪縛にかけるのはよいと思います

バウンスするのも手ですが、その場合トリガーを余計にもう1枚割られ、それに乗じて焼きが飛んでくるという可能性を十分に考慮して行ってください

 

 

いかがだったでしょうか、これによりトリロスの動き方や、対策などが少しでもわかっていただけたなら幸いです

 

今回も更新が遅れて申し訳ないです。冬休みだとついつい気を抜いてしまいますね

 

早々最近JⅠに昇格したんですよ。すぐに落ちましたけど

今年も残すところあと少し、できればJⅠに返り咲いてから年を越したいものです

 

さて、今回はこの辺で。次回予告があってなきがごとしのブログですが、これに懲りずにどうかお付き合い下さい。

 

それでは。